生活習慣病予防健診のご案内~つづき~

エッセイ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

いわゆる胃カメラ

ここでは鼻の胃カメラと
口からの胃カメラと
バリウム飲んでレントゲン、
好きな検査方法を事前に選ぶことができます。

一番ラクそうな話だったのでわたしはコレ。

実際やってみてダメそうなときは
他の方法に変更は可能だそうです。

それと、
事前に確認されますが、
胃の内部がアヤシゲな場合は
その部分の細胞を採取して検査する、
というプランがオプションであるそうです、
もちろん何も無ければやりません、
別料金だからね。

とりあえずお願いしとくことに。

そんなこんなで、
まずはイスに腰掛け、
それらのことを再度確認されます。

マスクをここでは外します。

次に胃を落ち着けるための薬を
コップ一杯飲む、
甘味あり。

ココで例の血液検査のときに巻いた
バンド外してくれました。

このとき
バンド外す時刻の記入してあるチェックシートをみると、
担当者のサイン、
次は何するかの印、
なども記入してある。
その二つがあるからいろいろもれがないんだね。

さて、
左右の鼻の穴にゼリー状の麻酔薬を流し込まれ、
口の中へたれてきた分は飲む、
これまた甘味あり、
そのまましばらく放置。

ノドの奥がなんとなくシビレてきたころ、
鼻の穴にチューブを通して、
左右どちらが楽そうなのか確認、
痛みは無いです。

どうやら左の方が楽そうなようで、
そのままチューブを鼻に残したまま
イスを離れベッドの方へ。

左を下にして横になる。

ヨダレがたれても良いように
ベッドとわたしの口周りに
ラミネートフィルムのようなものを敷き詰める。

ヨダレをたらしても良いがゲップはしないように、
と念を押される。

胃の中に空気を送り込んで
膨らませて検査しやすくするため、
どうしても胃や腸がはってくるので
体はガスを出そうとするそうで、
オナラは良いけどゲップはNG。

どっちもやらんしヨダレもたらさん、
と心に固く誓う。

横たわる目の前にはモニター。
リアルタイムで胃の中が見られるそうで、
これは楽しみ。

チューブを鼻から抜いて、
代わりに意外と細い黒のホースを鼻の中へ。

鼻を抜け、
ノドのところで嚥下を促される、
苦もなくノドの奥へとホースは進む。

昔の口からの胃カメラを経験したときは
涙が自然と出るほど苦しかったけど、
その点はほぼ不快感さえない、
違和感はあるけど。

やがて胃へ到達。

その間は胃カメラを操る先生が
ずーっと画面の様子に合わせて
解説をしてくれました、
よく話し続けてられるわ、
関心した。

胃を通過して十二指腸へ、
そこがゴール。

そのあたりに届くと、
やや胃のあたりに違和感が強くなる、
でも痛みは相変わらず無し。

今度は十二指腸から胃へノドへと引き返す。

ノドを過ぎ鼻へ、
そして気がつけばおしまい。

お腹の張りは気にならず、
ヨダレも少ししかたらさず、
ただただ画面の様子が面白くて面白くて、
あっという間の時間。

口周りを拭って、
マスクをつけ、
身支度整えたら聴力検査へ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました