委陽(いよう)BL39

ツボ
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

要点

  • 委陽は足の太陽膀胱経の39番目の経穴。
  • 膝裏にあるツボ。
  • 下肢の不調を調整します。

名前の意味

専門書によると、
委の字女性が腰を曲げ
禾(穂)を拾う姿を表すことから
曲げる・委ねる・任せるを意味し、
そこから膝窩(膝を曲げてできる窪み)の
陽側にある経穴という意味があるそうです。

ポイント

委陽のポイントは、
下肢不調を調えるです。

三焦の下合穴であることから、
泌尿器系の調整にも使用するそうです。

だから温めたら良さそうですが、
皮膚がやわらかいので
は積極的にはおすすめしません

DATA

解剖学関連

  • 静脈:外側上膝静脈
  • 動脈:外側上膝動脈
  • 神経:後大腿皮神経(S2)/総腓骨神経(L4~S2)
  • 筋肉:大腿二頭筋/腓腹筋外側頭/膝窩筋起始腱/足底筋

施術関連

  • 主治:腰背の諸障害/下肢の知覚・運動障害/腹痛/小腹脹満/浮腫/小便不利/腓腹筋の痙攣やひきつり/腰痛/膝関節痛・腫張
  • 要穴:三焦の下合穴
  • 特殊:泌尿器系の障害にも用いる

コメント

タイトルとURLをコピーしました